ここ最近、ジャズに惹かれる2007/10/17

音楽? 大好き。

子供の頃、猛烈にピアノに憧れた。
習いたかったけど、習わせてもらえなかった。
家にピアノもなかったし。

大学時代、初めてクラシックのレコードを買った。
ルービンシュタインの「ショパン名曲集」。
聴き覚えのある「ノクターン 9-2」や「英雄ポロネーズ」が目的だったけど、聴いているうちに「バラード 1番」の情熱により惹かれるようになった。

大人になってから、勇気をふりしぼってピアノを習い始めた。
たどたどしく、音符を追った。

聴く方ももちろん好き。
主にクラシック、ジャズやボサノバをぼちぼちという状態だった。

しかしここのところ、よりジャズに惹かれている。
膨大なジャズのCDからどれを選べばいいのか、いまだによくわからない。
最初のとっかかりとして買ったのが「ベストジャズ100」。



ディスクが6枚。合計100曲。
(ジャズ通(ツウ)の人にとっては、こういう寄せ集めものは邪道なのかもしれないけれど)

1)ヴォーカル・ジャズ1
2)ヴォーカル・ジャズ2
3)シネマ・ジャズ
4)リラックス・ジャズ
5)ジャズ・バラッド
6)歴史的ジャズ

ここ数日、こればかり聴いている。
なぜか妙に心地よく、とてもリラックスできる。
ヴォーカルありも、なしもそれぞれ好き。
知っている曲も、そうでない曲も自然に体の中に入ってくる。

ジャズで聴く懐かしい「タイム・アフター・タイム」。
ヴォーカルとピアノの(そしてハーモニカ)「テネシーワルツ」。
名前だけは知っていた歌手、エラ・フィッツジェラルド。

何しろ100曲も入っているので、盛りだくさん。
クラシックも好きだが、もうしばらく私の中ではジャズブームが続きそうだ。

コメント

_ ひより ― 2007/10/18 22:03

ジャズ、いいですねー。
わたしも、音楽ダイスキで、
ロックから民謡まで 何でも来い!なんですよ。

こういう、6枚組ぐらいのベストCDって、
お手頃で 聴きやすいですよね。
構えなくていい感じが魅力だな、なんて思ったり。

_ もみじ ― 2007/10/19 00:37

きゃいんっ。(←意味不明…)
ひよりさん、こっちにも来てくれてどうもありがとう~。うれしいです。
え?すごい、民謡とかも聴くの?
「黒田節」みたいのとか?

このジャズのベスト版、確か三千円台だったような…。
とってもお得で、聴きごたえあります。
六枚目だけは「歴史的ジャズ」ってことで、モノラル版なのです。
ツウになりきれない私には、そこだけホンのちょっと聴きにくいんだけど。

_ ひより ― 2007/10/19 21:03

あ、「こちらにもオジャマします」って御挨拶を、
昨日 忘れてしまいましたー。

わたし、基本はロックニンゲンなんですけども、
ジャンル分けがニガテで、民謡も どんどん聴いちゃうんですよ。
「秋田音頭」とか、三味線の音とか、ダイスキなんです。

わたしも、このジャズベスト盤 買ってみようかなぁ。
またオススメあったら教えてくださいね。

_ もみじ ― 2007/10/20 00:22

いえいえ、ご挨拶なんて、そんなー。いつでもお気軽に遊びにきてね♪

ああっ、確かに三味線の音って、響きますよねっ。
和太鼓とかも、日本人の心にはビンビン来ちゃうものがあるかも。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://akimomiji.asablo.jp/blog/2007/10/17/1857640/tb