あしながおじさん、翻訳本いろいろ2007/11/04

数日ぶりの更新となってしまいました。ううぅ。

さて、先日に続いて、またまた「あしながおじさん」の話題です。

主人公ジュディは孤児院育ちという背景を抱えながらも「小さな幸せをたくさん積み上げていきたい」といつも明るく前向きだ。

その雰囲気はこの小説全編に流れているが、特にそんなジュディの性質を一行でズバッと言い表した、私の大好きな部分がある。

大学に入りたての10月10日の手紙である。
この中でジュディはさらに水曜日、金曜日、土曜日の朝、日曜日、と書き足してゆく。
この手紙は少々暗い雰囲気で始まる。
普通の家庭で育った同級生たちがごく当たり前に知っているようなことが、自分にはわからない、と。
たとえば「青い鳥」の作者メーテルリンクのことが話題に上ったときに「その方一年生?」と聞いてしまった、という失敗談をジュディはおじさんに打ち明ける。

そして、とても愉快なサリーとツンとしているジュリアという友人のこと、学科のこと、名前をジュディに変えたこと…と話題は移っていく。
さらに、孤児院のことを友人に知られていて、つらかったという高校時代の話。
ひきょうだけど大学では孤児院のことは誰にも知られたくない、とおじさんに悩みを告げる。
そんな陰鬱なトーンを吹き飛ばす、金曜日のラスト、締めの一文が、私が「これぞまさにジュディ!」と思う部分だ。

 > Anyway, Sallie McBride likes me!
   (原文より)

直訳すれば「とにかくサリーマクブライドは私が好きです!」
ジュディ本人がどこまで意識してのことなのかは不明としても、彼女は決しておじさんを暗い気分にさせたまま手紙を終わらせたりはしない。
かといって「今はもう大丈夫ですから心配しないでくださいね」といったような、ありきたりな言い方もしない。
「とにかくサリーマクブライドは…」というすこぶる愉快なニュースを、唐突にポーンと一文書き加えて、ガラッと明るい終わり方にしているところが本当にジュディらしく、この小説で私が特に好きな部分だ。

さて、自称「あしながおじさんフェチ」(?)の私の手元に、今四種類の翻訳本がある。
それぞれのこの一文の翻訳は、以下の通りとなっている。

 >とにかくサリー・マクブライドは私を好きなんですのよ!
  (新潮文庫 松本恵子訳 昭和29年)

 >とにかく、サリーはあたしが大好きなんです!
  (岩波文庫 遠藤寿子訳 1933年<昭和8年>)

 >とにかく、サリー・マクブライドはわたしをすいてくれます。
  (フォア文庫 谷川俊太郎訳 1988年<昭和63年>)

 >とにかく、サリーは、わたしがすきなのです。
  (講談社刊 三井ふたばこ訳 昭和43年)

私が特に惹かれ、この部分に一番合うと思うのが、最後の三井ふたばこ訳である。
先日の記事でも書いたが、この翻訳が私が初めてこの小説に触れたものだった、というせいでもあるかもしれない。
タイミング的に先のものから、するりとインプットされがちだから。
しかし、そのことを抜きにしたとしても、ジュディらしさを、一番リズムよくスパッと言い表しているのが、三井訳のように思う。
原文ではたしかに、「Sallie McBride」とフルネームで、「!」もついているが、ここでは、極力短くシンプルに言い切る表現が適しているように思うのだ。

**それにしても、私はかなり古いバージョンの訳しか持っていない。
近年、いい新訳は出ているのだろうか。
どなたか何か情報などお持ちでしたら、どうぞ教えてくださいませ。ペコリ。

さて、この四種類の翻訳の全体的な印象としては――。

松本恵子訳は、時代のせいもあるだろうがかなり硬い感じである。
「~でございます」「~しておりますかしら?」という調子である。
しかし一方、キッチリと丁寧な構築がなされた中で、かえってジュディのユーモアが印象的に響いているような気もする。

遠藤寿子訳はさらに年代が古いが、こちらのほうが少々やわらかい感じ。
基本的に「ですます調」だが、ところどころ「~なのよ」などのくだけた表現を混ぜている。

谷川俊太郎訳も、遠藤訳に似ているが、さらにやわらかく、もう一歩くだけさせた雰囲気。

そして三井訳は、硬すぎずやわらかすぎず、なおかつジュディに上品さがあるところがとても好きだ。
程よくくだけたユーモアの感じと上品さとが、いい具合に混ざり合っていると思うのだ。
ただ、子供向けのシリーズな為だろうか、数本の手紙がはしょられ、完訳でないのがとても残念だ。

たぶんもうほとんど手に入らないであろうこのバージョン、私にとってはやはりずっと手放せない一冊のようだ。


**関連記事 →  永遠の愛読書~あしながおじさん(10/22)


**紹介訳本(アマゾン)
あしながおじさん (新潮文庫)
ジーン ウェブスター Jean Webster 松本 恵子
4102082018

あしながおじさん (1971年) (岩波文庫)
遠藤 寿子
B000J949AO

癒しをもとめて~おすすめブログ2007/11/05

さてさて、月も変わったことだし(といっても、もう‘5日’かぁ…汗)ブログの壁紙ちょっと変えてみました。
「初冬モード」…のつもりです。
かわいい水玉壁紙の提供は「もみじ ぶろぐ」の読者様(いるのか!?そーゆー人がっ)にはおなじみ、素敵な素材満載の、Ginghamさんです。

先日の記事(“超有名ブログ”探索〔10/10〕)で、「このブログがすごい!2005」というムックを手に「人気ブログを訪問してみます~」ということを書かせていただいた。
その中で特に印象的だったところ。
「印象的“だった”」というより、あまりにも素敵なのでしっかりブックマークして、今もたびたび覗かせていただいてますっ。
心がちょいと疲れたときなども、癒しを求めてふらりとお邪魔したくなっちゃったり。

   「水・水・水」 (dolce44様)

「水」というただ一つのテーマにこだわり続ける写真集。
水がまさに命を与えられたかのような、神秘的な一瞬の数々を、カメラで捉えていらっしゃる。
水ってこんなに多種多様の表情があるんだ、と驚き、その深い美しさに、心底打たれてしまう。
そして、この世には思った以上にたくさんの美しいものが溢れていて、自分がそれに気付いていないだけなのかもしれない…そんなことをも感じさせられた。

なんと、すでに2つのブログが容量一杯で、現在「水・水・水 No.3」とのこと。
ううぅ、そのすばらしい継続力にも心底感服……。

有名ブログということで、すでにご存知の方も多かったかもしれませんね。
もしまだの方は是非一度どうぞ。オススメです。