私のブックマーク「残していきたいもの」~奈良熱ふたたび2010/04/13


私が今まで旅行した回数が一番多い土地は、奈良県だ。
学生時代の約一週間の一人旅に始まり、おそらく十回前後行っていると思う。
一時期は「たとえ一泊でもいいから、春夏秋冬一回ずつ、年に四回ずつ来られるといいなぁ」などと考えていた。
しかし今記憶をさかのぼってみると、最後に行ったのは、2008年8月だ。

さて、その2008年、奈良公園から春日大社への参道を歩いている時に、ふと思ってしまったのだ。
「この道を、一体何度歩いているんだろう、私」
今まで心地よいと感じていた、風景、空気などが、なぜか急に新鮮さを失ったように感じられた。
突然の自分の変化にとまどい、このまま奈良以外の別の場所に逃げ出して旅を続けたいような、そんな気分に陥ってしまった。

帰りの新幹線では「今までありがとう。しばらくお別れしましょう」(!?)、 「またいつか会いに来るとは思うの。でもそれは少し遠い先のことかも」(!?)…というような気持ちだったことを覚えている。
とはいえ、やはり一度は惚れた相手(?)、その後もネットやテレビで、奈良の情報に触れると素通りはせず、覗いてみることはしていた。

そして、最近出会ったのが、奈良を中心に撮影された写真のブログ「残していきたいもの」(ちゃむさん)である。
「写真のブログか」と思いながら何気なく見始めたが、どんどん現れる美しい写真の数々にそれはもう圧倒され、呆然。
写真の合間合間の優しい語り口のコメントにも促されるように、夢中でページをめくっていた。

大自然、優しい風景、世界遺産、神社仏閣、はては奈良公園の鹿たちの何ともいえない表情までも。
まるでその場にいるような空気感までもがしっかりと伝わってくる。
私は決して写真に詳しくはないが、美しい被写体に輪をかけて、それを捕らえるちゃむさんの眼がまた素晴らしいのだと想像する。
人の心を打つ写真というのは確かにあるのだな、と強く実感した。

日本各地、美しい場所はいろいろあるけど、歴史と大きな自然が溶け合った奈良は、やはりひとつ際立っている。
そんな忘れかけていた自分の感覚が、ぐいっと呼び起こされたかのようだった。

これまで、奈良市内以外にも、柳生、桜井や飛鳥、室生…さらに天川村まで、と奈良の多くの場所を訪れたつもりでいた。
しかし、ちゃむさんの写真で今まで行けていなかった所もたくさん知ることができた。
飛鳥より少し南に下った高取は、私も次回まず行ってみたい。
他にも、霧氷がこの世のものとは思えないほど幻想的な高見山や、花の里月ヶ瀬など、まだまだ奈良の懐は深い。

私が次に奈良を訪れるのは、思ったよりも早くなりそうだ。
初恋の相手に会いに行くように、いそいそと出かけて行くかもしれない。
そして、行けない間はまたちゃむさんのブログにお邪魔して、奈良の空気を吸わせてもらおうと思う。

   「残していきたいもの」(ちゃむさん)

 ※写真は「ある時の近鉄特急券」
  (ちゃむさんに弟子入りしたい(^^ゞ  下手ッピもみじ撮影ー2006年)

癒しをもとめて~おすすめブログ2007/11/05

さてさて、月も変わったことだし(といっても、もう‘5日’かぁ…汗)ブログの壁紙ちょっと変えてみました。
「初冬モード」…のつもりです。
かわいい水玉壁紙の提供は「もみじ ぶろぐ」の読者様(いるのか!?そーゆー人がっ)にはおなじみ、素敵な素材満載の、Ginghamさんです。

先日の記事(“超有名ブログ”探索〔10/10〕)で、「このブログがすごい!2005」というムックを手に「人気ブログを訪問してみます~」ということを書かせていただいた。
その中で特に印象的だったところ。
「印象的“だった”」というより、あまりにも素敵なのでしっかりブックマークして、今もたびたび覗かせていただいてますっ。
心がちょいと疲れたときなども、癒しを求めてふらりとお邪魔したくなっちゃったり。

   「水・水・水」 (dolce44様)

「水」というただ一つのテーマにこだわり続ける写真集。
水がまさに命を与えられたかのような、神秘的な一瞬の数々を、カメラで捉えていらっしゃる。
水ってこんなに多種多様の表情があるんだ、と驚き、その深い美しさに、心底打たれてしまう。
そして、この世には思った以上にたくさんの美しいものが溢れていて、自分がそれに気付いていないだけなのかもしれない…そんなことをも感じさせられた。

なんと、すでに2つのブログが容量一杯で、現在「水・水・水 No.3」とのこと。
ううぅ、そのすばらしい継続力にも心底感服……。

有名ブログということで、すでにご存知の方も多かったかもしれませんね。
もしまだの方は是非一度どうぞ。オススメです。

私のブックマーク~柔道家、鈴木桂治君のブログ2007/10/19

鎌倉、夕刻ちかく
有名人ブロガーの方々も、本当に多くなった。
まるで、となりのお姉さん、お兄さんの生活ぶりをかいま見られるようで、ファンにとっては 生唾モノだろう。

好きな有名人がいれば、お名前をYahoo!などで検索にかけてみる。
結果一覧の筆頭に

○○○○のブログ
・本人によるブログ

などと表示されたりすると、「きゃーっ」とばかりに飛んでいき、全ての記事を通読する勢いとなったりするだろう。

私がブックマークしてちょくちょく読みに行っているのが、
柔道家 鈴木桂治君のブログ「絆」である。

・アテネオリンピック(100キロ超級)金メダル
・2005世界柔道(100キロ級)金メダル
という輝かしい戦歴を持ち、世界中の柔道関係者にマークされまくっている大選手だが、ブログでは二十代の若者のはじけた素顔を、余すところなく発揮してくれていている。
更新頻度も高い。

「今週はやる気でないー」、「もう毎日飲んでばっかり」…等々本音モードも炸裂。
(「やる気でない」の翌日は「あ、でも何もしてないわけじゃないんで!心配しないで」のフォローもきっちりと入ったり)

しかし色々と言いながらも、一流選手としてのやるべき事はキッチリやっているんだろうな、ということはちゃんと窺える。
その稽古の日々の隙間から、ポロポロこぼれるような普通ぶりがとてもおもしろいのだ。

今年の「世界柔道」は、微妙な判定もあり残念な結果となってしまったが、そのことについても、しっかりと自分の思いを書いてくれている。
ううぅ、がんばってー。
読者としても応援モード炸裂となってしまう、素敵なブログなのである。

そして、 昨日(10/18)の記事にまたびっくり。
えー??いいの、こんなこと言っちゃって??、という大宣言ぶりである。
これじゃあ熱心なファン達は、狂喜乱舞モノでしょうー。
うーん、なんか懐(フトコロ)深すぎ。。やっぱり大物かも…この人。
今後の展開を、またちょこちょこ見に行こうっと。

ところで、最近気がついた。
私は鈴木桂治君を応援している。
そして、ニコラスケイジ(米・俳優)が好きだった。
さらに、ヒューグラント(英・俳優)のファンでもある。

あまり意識してなかったけど、この3名の方々、見事に“目元の形状”に共通点が…。
ううむ、「好きなタイプ」っていうのはやっぱりあるのだな、としみじみと納得する秋の日であった。

**写真は鎌倉シリーズ第二弾

“超有名ブログ”探索2007/10/10

ある日の木漏れ日

自分がブログを書くようなると、他の人のブログも読みたくなりモゾモゾとしてくる。
しばらくネットサーフィン(←死語)をしていなかったが、近頃またうろうろと徘徊し始めている私である。

超人気・超有名ブログについては何となく噂に聞く程度で、今まであまりよく知らなかった。
そんな世事に疎い私でも、
「すごいアクセス数で、本にもなって、テレビドラマにまでなって…なんか奥さんがすごい豪傑な人で、そのやり取りを面白おかしく書いていて爆笑できるブログがある」
…という程度の情報はインプットされており、
とても「いまさら!」だが見に行ってみた。

「実録鬼嫁日記」
http://yugure.ameblo.jp/yugure/

いやぁー、うわさに違わずホントに笑える、、、爆笑。。。
…って、こんな月並みな表現でしか言えなくて申し訳ないが、
とにかくおもしろい、の一言。

パソコンの前で一人、どわっどわっは~、とお腹を抱える自分に、急に我に返って照れてしまうほど夢中で読んでしまった。
写真やイラストも絶妙な感じで挿入されていて、ホント、リズミカルに読めて楽しい。
出版されたために過去ログは閲覧できないようだが、最近の数件の記事を読んだだけでも、満足度いっぱい。

「鬼嫁日記Q&A」
http://yugure.ameblo.jp/yugure/entry-10005921524.html

という記事も、おもしろくてちょっとホロッとさせられた。
「Q:どうして離婚しないのですか?」に対するお答え、いいなぁ。
鬼嫁さんはお幸せですね、うらやましい。

それにしても長年継続され、かつ今だに更新を続けていらっしゃるのはすごい。
「ネタが尽きてしまわないのかなぁ」というのは素人の浅ハカさかな。
鬼嫁さんがよほど次から次へとネタを提供してくれる方なのか(?)
またそれをキャッチする作者カズマさんの嗅覚も素晴らしいのでしょうね。

ウィキペディアによると
「1日のアクセス数は、18000を超えている」と。
うーん、18000ってどんな数字だぁ、、“1日に”!でしょう?
もう唸るしかない。

さて、先日図書館で
「このブログがすごい!2005」
このブログがすごい!2005

という本を見つけ、「今のマイブームにジャストフィット~」とばかりに速攻で借りてきた。
2005年の「ベスト20」、その「選考座談会」、「ジャンル別必読ブログベスト5」…など、薄めの本だがなかなか盛りだくさんで読みごたえがある。
(ちなみに「実録鬼嫁日記」は、堂々第1位に輝いている)
ここで紹介されている他のブログも、これから覗いてみようと思う。

写真は図書館の近くの木漏れ日。
*本文にほとんど ( というか全く!)関係なし。です。ペコリ。